img_01

インプラントと他の治療法との違いについて

インプラントは歯を失ってしまったところに対する治療方法です。インプラントと他の治療法との違いについて説明していきます。

他の治療法としてはブリッジや部分入れ歯があります。



ブリッジでは人工の歯を固定するために周囲の歯を削る必要があります。



また、かむたびに固定している歯に負担をかけることとなります。


将来的には固定している歯までを失ってしまうことが多く、口腔内全体の健康を考えた場合にはすぐれた治療法とは言えません。


部分入れ歯においても周囲の歯に金具で固定をするため、固定した歯に大きな負担がかかってしまいます。

また、噛む力が弱く健康な状態と比較すると30パーセント程度の力しか発揮できないとも言われています。


がたつきやすく口の中に違和感を感じやすいという欠点もあります。

これらの治療法は実は保険が適応となります。そのため、安い治療費で行うことが出来るというメリットはありますが、口腔内の健康を考えた場合にはあまりおすすめできません。それに対してインプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。

そのため、周囲の歯に依存することがなく、固定力も非常に強いです。

そのため、天然の歯の80パーセント以上の力で噛む事が可能であり、おいしく食事を行うことが可能です。また、見た目にも非常にすぐれています。

被せる歯にはセラミックが使用されることが多く、汚れがつきにくくきれいな見た目の歯になります。

インプラントの費用の専門知識を身につけましょう。