img_01

歯医者でのマイクロスコープの使用と利点

通常歯医者での治療は肉眼で行われますが、人間の目ではあまり高い精確性を追求することができません。それに対し、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)は肉眼の3~20倍に拡大した視野で治療を行うことができる機器であり、治療のレベルを格段に向上させることができるのが特徴です。


これらの特徴から、歯の内部にあって非常に複雑で細かい形態をしている根管の治療や、削る歯の量を最小限に抑え、非常に精確に削った部分を充てんするといった精密な虫歯治療などが可能になります。



欧米では歯医者でマイクロスコープを用いることが常識化していますが、日本での普及率はまだ2~3%というのが現状です。

NAVERまとめに関しての情報を紹介しているサイトです。

その理由としては、機器自体が非常に高価なことや、使いこなせるだけの知識と技術を持っている歯医者が少ないことが挙げられます。

歯医者のマイクロスコープサイトを今すぐ確認してみましょう。

しかし、マイクロスコープを使用するメリットは非常に大きいものです。まず、肉眼では見えない部分まで拡大して確認することができるため、見逃しがなく、制度の高い診断が可能になり、細かな処置でもリスクを抑えることができます。そのため、抜歯をせずに残せる可能性が高まります。

また、非常に繊細な仕上げが可能になることも特徴です。
治療の一部始終を映像記録で残すことができ、患者がどこをどう治療したのか確認して満足感と安心感を得ることができるほか、精密な治療を行うことができるため再発率が極端に低くなります。

マイクロスコープによる治療は自費診療になるため高額になりがちですが、それに見合うような効果的で精密な治療を行うことができるのが最大のメリットです。