クレンジングゲルとクレンジングジェルの違いとは?

クレンジングには沢山の種類があり、シートタイプのものやオイル、リキッド、クリーム、ミルク、ローション、ジェルとゲルと言う種類のものがあります。
それぞれに見た目も特徴も明らかに違うものばかりですが、クレンジングゲルとクレンジングジェルに関しては、名前がよく似ていることから違いがわかると言う方は少ないのではないでしょうか。

本当のクレンジングゲルは無限の可能性に満ちあふれています。

クレンジングゲルとクレンジングジェルは同じだと思っている方も少なくありません。


それではクレンジングゲルとクレンジングジェルの違いはあるのでしょうか。



実は化粧品で使われるゲルとジェルには違いがあります。ゲルとは液体的な柔らかさを持ちながら、個体のような弾力性を持ち合わせる素材の状態で、ジェルは液状化の保湿素材といえます。
ゲルとジェルを比較してみると、テクスチャーの違いが感じられます。



ゲルよりもジェルの方が柔らかく、ゲルの方が粘り気があるテクスチャーになっており、ジェルは手で伸ばすとよく伸びると言う特徴がありますが、ゲルは流れずにその場所にとどまると言う特徴があります。
ゲルの場合には美容液などの保湿成分が入っている素材に使われることが多く、ジェルは簡単に簡単に洗い流すことができるためヘアケア製品や乳液やローションなどに使われることが多くあります。

クレンジングゲルとクレンジングジェルの場合水分量を比較すると、ゲルよりもジェルの方が水分量が多いというのが特徴です。
選ぶ際にはこのポイントに注目して選ぶと言うことをお勧めします。